マグネシウム

マグネシウムは、骨などの発育・形成のために、カルシウムと共に重要な役割を果たしているミネラルです。

人体のマグネシウムの60~65%は骨に含まれており、体内で約300種類もの酵素の働きを助けます。

なた、神経の興奮を抑えたり、体温調節、血圧の維持にも深く関与しています。

摂取するときのポイントは、マグネシウム1に対してカルシウム2、または1対3というバランスを心がけることです。

どちらかが大きくかたよると、うつ状態、けいれん、震えなどの思わぬ心疾患を招くリスクが高まると報告されています。

マグネシウムが不足すると、活性酸素が増えて、動脈硬化を招いてしまいます。

また、マグネシウムが不足すると、動脈の収縮が起こり、血圧が上がります。
マグネシウムを十分に摂ることで血圧を下げ、正常に保ちます。



マグネシウムを多く含む食品

食品マグネシウム含有量(mg)
カキ・むき身50g148
ひじき100g124
アーモンド30g93
するめ70g85
カシューナッツ30g72
大豆30g66
乾燥わかめ5g55
干しエビ10g52
油揚げ40g52
納豆50g50


マグネシウムのすぐれた働き、効果



マグネシウムの関連ページ