ポリサッカライド

ポリサッカライドとは、7個以上の糖の分子が鎖状に結合した多糖体のことです。

とくに、紫外線を多く浴びた番茶(秋冬番茶)の中に、その成分が豊富に含まれ、毎日飲むことで血糖値が抑制されるといわれています。

緑茶には、アラビノース、リボース、グルコースという3種類の糖がいくつも複雑に結合しており、その分子量は約4万という特殊な成分です。

ポリサッカライドのすぐれた効能として、あげられるのが血糖降下作用です。
これは、糖尿病の予防になるほか、恐ろしい合併症(腎不全緑内障、知覚障害など)を未然に防ぐ効果が期待できます。

お茶のほかプロポリス、アガリクスなどのきのこ類に高密度でポリサッカライドが含まれていますが、お茶が一番簡単で手軽に摂取できるのでお勧めです。



ポリサッカライドを多く含む食品

  • 番茶、緑茶、きのこ類

ポリサッカライドのすぐれた働き、効果



ポリサッカライドの関連ページ