ペリルアルデヒドの賢い摂取方法

シソや春菊が持っている特有の香り成分が、ペリルアルデヒドで、胃腸の働きを活性化させます。

シュンギク

春菊は鮮度がはやく落ちてしまうので、買ってきたらはやめに使い切ることが大切です。
水に長時間さらすとペリルアルデヒドの成分は損なわれます。

シソは、細かくきざんで、パスタやチャーハン、サラダなどに入れて使うと良いでしょう。




ペリルアルデヒドを賢く取るレシピ

春菊と黄菊のゴマ醤油あえ

【材料】

  • 春菊120g、黄菊5輪
    調味料A(白すりゴマ大さじ1.5、醤油大さじ0.5、だし大さじ0.5)

【作り方】

  1. 春菊はかたい軸を除き、塩少量を入れた熱湯でゆで、水にとり、水気をしぼり2cmくらいに切る。
  2. 菊花はがくを除いて花びらをばらし、酢を少々入れた熱湯でサッとゆでてザルにとり、冷水をかけてしぼる。
  3. 調味料Aを混ぜ合わせる、1.の春菊と2.の菊花をあえる。




ペリルアルデヒドの摂取方法の関連ページ