ヘスペリジンの賢い摂取方法

ヘスペリジンは、毛細血管を丈夫にし、血液をサラサラにして中性脂肪を分解する働きがあります。

ミカン

このヘスペリジンは、柑橘類の中でも温州みかんに多く含まれています。
とくに、みかんの外果皮と果肉の間にあるうすい袋や白いスジに多く含まれているので、みかんを食べるときは、この白いスジや袋を取り除かずにそのまま食べると良いでしょう。

ヘスペリジンの含有量は、白いスジは実の300倍、袋は50倍も多いといわれています。

のどの痛みや咳を鎮める薬効があるといわれるきんかんを、甘く煮たきんかんの甘露煮は、皮ごと食べられるので、ヘスペリジンを効率よく摂ることができます。

また、みかんやオレンジ、レモンなどをジュースにすれば、手軽に栄養成分を摂ることができるのでお勧めです。
ジュースにしても、ビタミン、ミネラルの栄養価は、さほど変わりません。




ヘスペリジンの摂取方法関連ページ