ビタミンUの賢い摂取方法

ビタミンUは、別名キャベジンとも呼ばれており、キャベツに多く含まれているほか、レタス、セロリ、アスパラガスに多く含まれています。

ビタミンUは水溶性で熱に弱いので、生で食べるのが一番良いのですが、ジュースにしても効率よく摂ることができます。



ビタミンUを賢く取るレシピ

キャベツのミルクスープ

【材料】

  • キャベツ2枚100g、玉ねぎ40g、にんじん20g、スープの素20g、水200g、牛乳200g、塩0.6g、こしょう少々

【作り方】

  1. キャベツは短冊切りにする。
  2. 玉ねぎは薄切りにし、にんじんは短冊切りにする。
  3. 鍋にスープの素、水、キャベツ、玉ねぎ、にんじんを入れ、火にかける。
  4. 鍋の中が煮立ったら弱火にし、10分ほどにる。
    それに牛乳を加え、煮立てないように気をつけながら、塩・こしょうで味を調える。




ビタミンU摂取方法の関連ページ