ビタミンU

ビタミンUは、胃液の分泌を抑える物質で、ビタミンとして正式に認められている13種には含まれていません。

しかし、ビタミンに近い働きと、ビタミンの働きを助ける作用があるため、ビタミンに類似する性質があるといえます。

キャベツには、豊富にビタミンUが含まれていて、食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどの刺激を受けた胃壁の炎症を抑え、潰瘍などが発生するのを防ぎます。

キャベツが胃によい効果を与えるということは、古くから知られていました。
そして研究の結果、1954年にキャベツからビタミンUが発見され、ビタミンUが胃腸病の予防や治療に有効であることがわかってきたのです。

キャベツから発見されたことから、別名キャベジンともいい、市販の胃腸薬に利用されていることもよく知られています。



ビタミンUを多く含む食品

ビタミンUのすぐれた働き、効果

  • 胃腸病予防改善


ビタミンUの関連ページ