ビタミンE

ビタミンEのすぐれた作用の筆頭は、抗酸化作用です。
かたよった食事や飲酒、そして過度の運動などで増殖した活性酸素の害を防ぎます。

また、血栓をできにくくして血行を促進し、血液をサラサラにする働きは注目されています。

穀物、緑葉植物、海藻類、野菜、種子類、魚類、肉類などに含まれていますが、天然のビタミンEは主に大豆、なたね、綿実などの油かすから抽出されます。

一般に更年期障害、末梢血行障害による肩・首筋のこり、手足のしびれ、冷えなどの改善、老化や動脈硬化を招く過酸化脂質の低減、大気汚染物質から肺を守る、シミやソバカスの防止効果などがあります。

抗酸化物質にはビタミンEのほか、β-カロテンビタミンB2ビタミンCセレンなどもあり、これらを一緒に摂取すれば効果が倍増します。



ビタミンEを多く含む食品

食品ビタミンE含有量(mg)
アーモンド30g9.3
アンコウきも50g6.9
へーゼルナッツ30g5.7
西洋カボチャ100g5.1
うなぎ(蒲焼き)100g4.9
ひまわり油10g3.9
落下生30g3.4
アボカド100g3.4
綿実油10g3.1
たらこ40g2.8


ビタミンEのすぐれた働き、効果



ビタミンEの関連ページ