ビタミンC

ビタミンCは、水溶性のビタミンで、もともとは壊血病を予防することから発見されました。

化学名をアスコルピン酸ともいい、抗酸化作用、抗活性酸素、風邪の予防、老化防止、コラーゲンの形成補助、血中コレステロール値を低下させる、静脈中血栓の減少などの働きがあることで知られています。

ビタミンCは、発がん物質が体内で生成するのを抑えて、がんを予防します。
とくに、発がん性の高いニトロソアミンの抑制に有効で、胃がんや肝臓がんの予防に効果があります。

ビタミンCは、メラニンを作り出す色素細胞の過剰反応を抑えます。

ビタミンCは、細胞同士をつなぐコラーゲンの生成を促進します。
肌の細胞の接着剤役であるコラーゲンの生成と維持の働きをしているのがビタミンCです。
お肌にビタミンCというのは、まさにこの事です。

ビタミンCは、体内に侵入した有害物質を解毒代謝します。

ビタミンCは、ウイルス等と戦う白血球の機能を高め、免疫力をアップさせます。
免疫力アップだけでなく、さらに重要な働きもしています。
それは抗酸化作用で、身体の老化を予防し、細胞レベルでのサビ付きを防ぎます。

ビタミンCは、ストレスを抑えるホルモンを活性化させます。



ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCは、ほとんどの野菜・いも類や果物に含まれています。逆に言えば野菜・いも類・果物以外の自然食品からは、ビタミンCの摂取を期待することはできません。

野菜は全般的にビタミンCを含んでいますが、淡色野菜より緑黄色野菜のほうに多く、新鮮なものほど豊富です。
いも類にも意外と多く含まれ、調理しても減りにくいのが特徴です。

食品ビタミンC含有量(mg)
ぽんかん200g80
柿100g70
キウイ100g69
赤ピーマン40g68
菜の花50g65
いちご100g62
ネーブルオレンジ100g60
ブロッコリー50g60
みかん天然果汁200g58
キャベツ50g55


ビタミンCのすぐれた働き、効果

  • がん予防、抗酸化作用、風邪の予防、老化予防


ビタミンCの関連ページ