ニコチアナミン

醤油に含まれるニコチアナミンは、大豆に含まれるアミノ酸の一種で、うま味の素となる成分です。

血圧を下げる作用があり、食中毒の原因となる病原菌の増殖も抑制します。

また、醤油には胃液の分泌を高め消化を促進する働きや、抗酸化作用、血糖値の上昇抑制、血圧を下げる作用などが期待できます。

醤油には、ニコチアナミンのほかにもペプチド類などが含まれており、血圧降下作用を持っていることがわかっています。

ニコチアナミンは、大豆製品のほかには、あしたばやモロヘイヤに多く含まれています。
これらの野菜を、ゆでたり炒めたり加熱摂取すると、効率よくニコチアナミンの栄養を摂ることができます。

醤油は摂りすぎると塩分が多くなることもあるので、他の大豆製品や野菜からも摂るようにすることも大切です。



ニコチアナミンを多く含む食品

ニコチアナミンのすぐれた働き、効果

  • 高血圧予防改善、抗酸化作用、食中毒の予防


ニコチアナミンの関連ページ