ニキビ防止食事対策

体の健康状態は肌に現れます。
体の中から美しくなる食事法が重要です。


にきび予防に効果的な栄養成分

健康で美しい肌を保つためには、体が健康であることが前提です。

栄養バランスのよい食事を1日3食の規則的なリズムでとることが基本です。

特にビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCは、皮膚の健康や美容のために欠かせない栄養素です。

にきびの要因となる便秘を予防するために食物繊維を十分に摂ることも大切です。

ビタミンB2

皮膚の新陳代謝を促す ⇒ レバー、鰻、牛乳など

ビタミンB6

皮膚の抵抗力を高める ⇒ カツオ、マグロ、バナナなど

ビタミンC

にきび跡の色素沈着を防ぐ ⇒ オレンジ、いちご、ブロッコリーなど

食物繊維

にきびの大敵「便秘」を防ぐ ⇒ 海藻、野菜、きのこなど

ニキビを悪化させる食べ物を控える

油脂を多く含んだ食品を摂り過ぎると、皮脂の分泌を増加させ、にきびができやすくなります。

甘いお菓子やアルコール飲料、コーヒー、刺激が強い辛い食べ物などはにきびを刺激し、悪化させますので極力控えるようにしましょう。


 

ニキビ防止食事対策の関連ページ