トリスルフィドの摂取方法

トリスルフィドは、たまねぎなどに含まれる辛み成分の硫化プロピルが加熱によって変わった成分です。

硫化プロピルは生のたまねぎに多く含まれるので、生のまま食べると多く摂ることができます。
この時、水にさらさないのがポイントです。

生のたまねぎを刻んだら、水にさらさず1時間そのままおき、加熱調理すると、トリスルフィドが効率よく摂れます。
水溶性なので汁ごと食べられる料理が良いでしょう。



トリスルフィドを賢く取るレシピ

たまねぎのカレードレッシング

【材料】

  • たまねぎ1/2個(100g)ノンオイルドレッシング大さじ1.5、カレー粉小さじ1/4、塩少々

【作り方】

  1. たまねぎは薄切りにして水にさらさず、しばらくおく。(水にさらすとたまねぎの香り成分アリシンの効果が薄れてしまう)
  2. ノンオイルドレッシングにカレー粉、塩を混ぜ1.のたまねぎをあえる。




トリスルフィドの摂取方法の関連ページ