タウリンの賢い摂取方法

タウリンは、魚介類に多く含まれていますが、効率よく摂れるのが、魚の血合いの部分です。
マグロ、サバ、イワシなどの血合いは捨てずに食べる工夫を酢と良いでしょう。

タウリンは、ホタテ、アサリ、イカ、タコなどにも多く含まれています。
これらの魚介を食べる時は、生でも加熱調理でもよいが、タウリンは水溶性なので、煮汁に溶け出た成分もむだにしないで食べることがポイントです。



タウリンを賢く取るレシピ

キャベツホタテの煮物

【材料】

  • キャベツ200g、ホタテ水煮缶詰1缶、ポン酢・レモン適宜、調味料A(酒大さじ1、水大さじ1、塩・コショウ少々)

【作り方】

  1. キャベツは、ざく切りにする。
  2. 鍋にキャベツをしき、ホタテを汁ごと加え、調味料Aを加え、ふたをする。
  3. キャベツがやわらかくなるまで約3分、中火で煮る。
  4. ポン酢醤油、レモンをかけて食べる。
    (煮汁も残さず食べると良いでしょう)


タウリンの摂取方法関連ページ