ストレス防止食事対策

精神の興奮状態をやわらげ、消耗した栄養素をしっかり補うことが大切です。


ストレスに効く栄養素

ビタミンB群やカルシウムマグネシウムには、神経の興奮を鎮め、精神を安定させる効果があります。

不足すると、イライラしてストレスを感じ易くなるので必要量をしっかり摂ることが重要です。

また、ストレスを感じると副腎皮質からホルモンが分泌されます。
つまり、ストレスが増えれば、ホルモンの材料となるタンパク質や、その合成に不可欠なビタミンBやビタミンCがそれだけ多く消耗されることになります。

消耗したこれらの栄養素を補うことも重要です。

ストレスを解消する食べ方

楽しい食環境づくりで心の栄養を補給し、ストレスを解消することが大切です。

ストレスをためる食生活

ストレスの多い生活では、食生活が不規則になりがちです。
更にストレスに拍車をかけてしまいます。

忙しくても1日3食きちんと落ち着いて食べることがストレス対策の基本です。

  • 偏食、欠食、暴飲暴食、ながら食いはしないこと。

ストレス解消の食事のポイント

おいしいものを楽しくリラックスして食べることがストレス解消には何よりも重要です。

時には家族そろって外食に出かけるなどして、食事の環境を変えてみるのも良いでしょう。

  • 美味しい食事を楽しくリラックスして団らんで。

 

ストレス防止食事対策の関連ページ