シネオール

現在でも民間療法で幅広く活躍している薬草ユーカリは、クリーム色の花と長細い葉をつける背が高い常緑木で、現在700種類以上が知られています。

この薬草ユーカリから得られる精油は、その種子によって異なりますが、シネオール(別名ユーカリプトール)と呼ばれるものが、最も広く利用されています。

シネオールを多く含む精油に、ローズマリー・シネオールがあり、さわやかな香りをもち、この香りをかぐと、気分がすっきり爽快になり、さまざまな体の症状に効果があります。

風邪をひいた時に、シネオールの精油を数滴、胸や首、耳の下、肩などにすりこむと効果があります。
また、この精油をたらした熱湯の湯気をかぐと、頭痛や咳を鎮めてくれます。

そして、一番の効果は、消化促進効果で、シネオールをたらしたお茶を飲むと、胃腸の働きが活性化されます。



シネオールを多く含む食品

  • ウコン、しょうが、よもぎ、オレンジ、セージ、ユーカリ、ローズマリー

シネオールのすぐれた働き、効果

  • 消化促進、咳止めなど。


シネオールの関連ページ