グリーンピース

えんどう豆のうち、さやの中の豆を利用する品種を若取りしたのが、おなじみのグリーンピースです。

グリーンピース

旬にあたる3~6月ごろには、とりわけ美味しく、ご飯に混ぜるなどしてぜひいただきたいものです。

タンパク質と糖質を主成分に、糖質の代謝を高めるビタミンB1やB2も含みなど、その栄養価はなかなかのものです。
乾燥豆と違ってビタミンCが豊富なのも長所といえます。

そもそもえんどう豆の仲間では、生の豆を食べるグリーンピースと、さやを味わうサヤエンドウが昔から知られていますが、近年ではスナップエンドウなど人気が高まっています。

スナップエンドウは、ある程度熟しても豆もさやもやわらかで、グリーンピース同様の豆の甘みと、さわやかなさやの風味の両方を楽しむことができます。

グリーンピースの下ごしらえは塩を振って混ぜ、水でひと洗いすると緑が鮮やかになります。



グリーンピースのすぐれた働き、効果

グリーンピースの主な栄養素



グリーンピースの関連ページ(通販情報)