クロロフィルの賢い摂取方法

カラーピーマン

クロロフィルは、緑黄色野菜に多く含まれていますが、特に注目されるのはピーマン、明日葉(あしたば)、小松菜、ほうれん草などです。

明日葉は、ゆでておひたしにしたり、酢味噌で和えたりすると良いですが、苦味を消すなら天ぷらが一番でしょう。

ピーマンは炒めたり、素焼きにして加熱すると、量が多く取れやすくなるので良いでしょう。

野菜がなかなか取れないときは、青汁や緑茶を飲む習慣をつけると良いでしょう。




クロロフィルを賢く取るレシピ

カラーピーマンの甘酢炒め

【材料】

  • ピーマン・赤ピーマン・黄ピーマン各一個、サラダ油大さじ1
    調味料A(砂糖大さじ2/3、塩小さじ0.5、酢大さじ1.5、水大さじ1)

【作り方】

  1. ピーマンはすべて1cm幅に切り、フライパンでサッと炒める。
  2. フライパンに調味料Aを加え混ぜ、しんなりしたら火を止めて完成。




クロロフィルの摂取方法の関連ページ

クロロフィル(葉緑素)【after20130308】

クロロフィル(葉緑素)【after20130308】
価格:1,380円(税込、送料別)