クロロフィル

クロロフィル(葉緑素)は、植物の中に含まれる緑色の色素で植物が光合成によって二酸化炭素から糖類を作り出すときに必要不可欠な成分です。
血管内に中性脂肪が溜まるのを防ぎ血液の流れを良くする効果は一番です。

体内に入ったクロロフィルは、血液中で鉄と結合し、赤血球や筋肉のヘモグロビンなどの色素に変わります。
赤血球と分子構造が似ていることから「緑の血液」とも呼ばれ、組織細胞に対する成長促進作用があります。

また、解毒作用、炎症鎮静作用のほか、体内のすみずみまで酸素を送り届けて血液をサラサラにし、高コレステロール血症や高中性脂肪血症を防ぎます。

中高年の方はもちろんのこと、若い人も毎日必ず取りたい栄養成分です。
クロロフィルを多く含む食品として、ピーマン、あしたば、小松菜、ほうれん草、緑茶などがベストです。



クロロフィルを多く含む食品

  • ピーマン、明日葉、小松菜、ほうれん草、緑茶、青汁

クロロフィルのすぐれた働き、効果

  • 高コレステロール血症予防、ドロドロ血液の改善、高中性脂肪血症予防など。


クロロフィルの関連ページ

クロロフィル(クロロフレッシュ)【HBWサプリメント】