クロム

クロム(クロミウム)は、肝臓、腎臓、血液、脾臓などに微量に存在し、糖と脂質のエネルギー代謝を行う、人体になくてはならない必須微量ミネラル成分です。

クロムを摂取すると、体内でインスリン(血糖の上昇を防ぐホルモンの一種)の感度が上がります。

インスリンが正常に働くと血糖値が安定、血液サラサラ、血中コレステロール抑制、中性脂肪抑制、筋肉を作る、視力増進、歯茎を健康にする、にきび改善などの効果が期待されます。

さらに、クロムによって筋肉細胞も大きく増強するため、糖質の分解代謝が活発に行われ、結果として、体脂肪や血中コレステロールの燃焼効率も向上し、中性脂肪が減少して引き締まった身体が誕生します。

クロムを含む食品としてアサリやノリなどの海産物、卵、穀類、肉類があげられます。



クロムを多く含む食品

食品クロム含有量
和牛もも脂身つき 80g80mg
豚もも脂身つき 80g32mg
あなご 60g32mg
干しキビナゴ 40g31mg
丸干しマイワシ 40g30mg
ほたて貝 70g27mg
干しヒジキ 10g27mg
ウルメイワシ 60g24mg
ブラジルナッツ 30g23mg
あさり 50g23mg


クロムのすぐれた働き、効果

  • 血中コレステロール抑制、ドロドロ血液の改善、中性脂肪抑制、にきび改善など。


クロムの関連ページ