クルクミン

クルクミンは、ウコンやカレー粉の中に存在する黄色い色素のことで、強力な抗酸化性をもつことが明らかになっています。

日本をはじめアメリカ、台湾、ドイツなど世界中が研究対象としているクルクミンは、悪い細菌を殺し、有害な活性酸素を除去する作用があり、いくつかのガンを阻害する効果が確認されています。

ウコンやカレー粉には、沈黙の臓器と呼ばれる肝臓の解毒機能を強化する働きがあり、昔から二日酔い防止に利用されていました。

また、抗酸化作用による老化防止、利尿作用、がん抑制作用、殺菌・抗菌作用によって胃炎を抑制する、肝臓の働きを活発にする胆汁(消化酵素)の分泌を促進、アルコールの分解などの効能があります。

肝臓が弱っていると気になる人は、カレー粉を料理に利用したり、日ごろからウコン茶をよく飲むようにすると良いでしょう。



クルクミンを多く含む食品

  • カレー粉、ウコン茶

クルクミンのすぐれた働き、効果

  • 胆汁の分泌促進、アルコール分解作用、肝機能強化、がん抑制、動脈硬化予防、抗酸化作用、老化防止、メラニン色素の生成抑制


クルクミンの関連ページ