キャランチンの賢い摂取方法

にがうり

キャランチンを含む食品は、にがうり(ゴーヤ)だけです。
にがうりは、インドが原産で、昔からさまざまな国で消化不良、胸焼け、解毒に効く薬として使われてきました。

沖縄料理のゴーヤチャンプルーのように、油で炒めて調理しても栄養価は落ちません。
水に長時間さらさずに、ビタミンEが多い植物油で炒めると良いでしょう。



キャランチンを賢く取るレシピ

にがうりもみ

【材料】

  • にがうり1本、調味料A(酒大さじ3、醤油大さじ1.5)

【作り方】

  1. にがうりはタテ半分に切り、種とわたをスプーンで除き、熱湯にくぐらせ氷水にとる。
  2. にがうりの水気をきって、はじから薄切りにする。
  3. 調味料Aの酒は鍋に入れ火にかけ、アルコールをとばし、醤油をあわせる。
  4. 2.を器に盛り、3.をかけて出来上がり。




キャランチンの摂取方法の関連ページ