キャランチン

キャランチンは、沖縄で栽培されているゴーヤの皮部分に含まれている成分でサポニンの一種です。

植物性インスリンとも呼ばれ、膵臓を活性化して血糖の代謝を促進し、糖尿病を防ぎます。

ゴーヤ

血糖の代謝が促進されれば、必然的にインスリンの分泌が減少し、脂肪が蓄積されにくくなります。
これが「低インスリングダイエット」と呼ばれているものです。

ゴーヤにはビタミンCとEが豊富に含まれているため、肌の機能を活性化させ美肌に整える作用があります。

さらに、カリウムが体の水分バランスを整えて、むくみを解消し、ダイエットにも効果的です。

ゴーヤ茶は、果肉と種を一緒に細かく刻んで天日乾燥、焙煎したものです。

この健康茶に含まれるリノレン酸が体内に入ると「共役リノール酸」に変換されて脂肪を燃えやすくします。



キャランチンを多く含む食品

  • にがうり(ゴーヤ)

キャランチンのすぐれた働き、効果

  • 糖尿病予防改善、血糖値の低下、むくみ解消、美肌効果など。


キャランチンの関連ページ