カルシウム

成人の体内には体重の約2%前後(体重50kgの人で約1kg)のカルシウムが存在しており、その99%は骨や歯などの硬組織の成分として使われています。

残り1%は血液や細胞液などの中にカルシウムイオンとして溶け込んで生理機能を調節しています。

このカルシウムイオンが、体内でのカルシウム活動をコントロールしているため、カルシウムが不足すると、骨粗鬆症になりやすいのです。

そして、カルシウムが不足すると、貯蔵庫である骨からカルシウムが流出して、血管壁に付着します。

そのため、血行がスムーズに行かなくなり高血圧を引き起こす原因となります。

ただし、カルシウムを多く含む食品やサプリメントでカルシウムを補給しても、ビタミンDマグネシウムを一緒に摂取していないと吸収は良くありません。

日本は火山国であるためカルシウムマグネシウムの少ない火山灰台地で、その土を流れる河川の多くは酸性の軟水です。

ただし、日本各地の名泉と呼ばれる湧水の中にはマグネシウムカルシウム、リン、カリウムなどミネラルを豊富に含む硬水がでるところもあり、酒造りに適しているため名酒の産地にもなっています。

ヨーロッパの水はミネラルを豊富に含む硬水ですから,水を飲むことで相当量のカルシウムが補給されるため,日本のように「健康食品でカルシウム補給」という心配は必要ありません。



カルシウムを多く含む食品

食品カルシウム含有量(mg)
干しエビ10g710
プロセスチーズ100g630
ウルメイワシ100g570
どじょう50g550
わかさぎ100g450
しじみ100g130
ヨーグルト100g120
牛乳100g110


カルシウムのすぐれた働き、効果

  • 高血圧予防改善、骨粗鬆症予防
  • 心筋の収縮作用の増強
  • 筋肉の興奮性を抑制
  • 刺激に対する神経の感受性を静める


カルシウムの関連ページ