カプサイシンの賢い摂取方法

とうがらしは、韓国料理によく使われ、カプサイシンを摂るには最適な食材ですが、ピーマンにもカプサイシンは含まれているので上手に活用すると良いでしょう。



カプサイシンを賢く取るレシピ

サケとピーマンの焼きびたし

【材料】

  • 生サケ1切れ70g、塩0.5g、ねぎ40g、ピーマン1個30g、赤ピーマン1個30g、生シイタケ1枚15g、えのきだけ40g。
    調味料A:醤油小さじ2、砂糖小さじ2、ゴマ油小さじ1/2、酢大さじ1、赤トウガラシ少々。

【作り方】

  1. サケは塩を振ってしばらくおき、焦げ目がつくまで焼き、一口大にきる。
  2. ねぎは、4cmに切る。ピーマン、赤ピーマンはタテに切り、種を除き一口大にきる。
  3. シイタケは石づきを除き、一口大に切る。
  4. えのきだけは石づきを除き、二つに分ける。
  5. ねぎ、ピーマン、赤ピーマン、しいたけ、えのきだけを、焼き網で焼く。
  6. 調味料Aを一煮立ちさせ、1.のサケと、5.の野菜をひたす。




カプサイシンの摂取方法の関連ページ