カテキン

カテキンは、ノハキ科の茶葉や葉芽含まれている苦味成分のことで、ポリフェノールの一種です。
別名をタンニンといい、すぐれた抗酸化作用があります。

お茶に含まれるカテキン、エピカテキン、ガロカテキン、エピガロカテキンなどカテキン類は、お茶の成分全体の8~15%を占めています。

主な効能としては、体内でDNAを傷つける活性酸素を除去する抗酸化作用、がん細胞の抑制、コレステロールの低下ですが、カテキンの血中コレステロールや脂質を取り除いて血行をよくし、血圧を低下させる働きはとてもすぐれています。

そのほか、風邪予防、ピロリ菌を殺菌する効果などがあります。
また、お茶の成分に含まれているポリサッカライドは血糖効果作用があります。

カテキンは、緑茶のほかには紅茶にも含まれているので、毎日何杯かの緑茶、紅茶を飲むようにすると良いでしょう。



カテキンを多く含む食品

  • 緑茶(煎茶、番茶、玄米茶、玉露、抹茶、茎茶)、紅茶

カテキンのすぐれた働き、効果

  • 高血圧予防改善、抗酸化作用、風邪予防、殺菌・消臭効果


カテキンの関連ページ