カゼイン

カゼインは、牛乳の中に約80%含まれているタンパク質のことで、酸を加えると凝固・沈殿するという性質持っています。

栄養上で重要なアミノ酸をすべて含み、チーズの原料に用いられます。

牛乳のタンパク質は、大きく分けるとカゼインとホエー(乳清)に分けられます。

乳清とはヨーグルト表面に浮かんできたり、チーズを作るときに副産物として生まれる水分のことですが、、非常に栄養価が高いのが特徴です。
カゼイン高血圧予防の栄養成分として、注目されています。

カゼインの消化によって生じるペプチド類の中には、カルシウムの吸収を促進させ、免疫力を強化するすぐれた働きがあります。
このため、高血圧の予防に効果があるといわれています。

牛乳のほか、チーズヨーグルトなどの乳製品を、十分に摂ると良いでしょう。



カゼインを多く含む食品

カゼインのすぐれた働き、効果



カゼインの関連ページ