イソチオシアネートの賢い摂取方法

キャベツ、ブロッコリー、小松菜、クレソン、カリフラワー、だいこん、わさびなどに含まれる成分イソチオシアネートは、がんを抑制する効果があります。

イソチオシアネートは加熱するより生で食べると効率よく摂る事ができます。
加熱するときは素早く行うことが大切です。

ブロッコリーは、成熟したものより新芽のスプラウトのほうが、がん抑制効果が高いと注目されています。



イソチオシアネートを賢く取るレシピ

ブロッコリーとキノコとツナのカレー煮

【材料】

  • ブロッコリー小1株、キノコ(えのきたけまいたけ)合わせて50g、ツナ油漬け缶詰め小1缶80g、玉ねぎ1/4個
    調味料A(酒大さじ1、水大さじ2、塩小さじ1/4、カレー粉小さじ1/2

【作り方】

  1. ブロッコリーは小房に分ける。
  2. キノコは石づきを除く。
  3. ツナは汁気を軽く切る。
  4. 玉ねぎは薄切りにする。
  5. 1.と2.の水気を切って、鍋に入れ調味料Aを加えてふたをし、中火で3分煮る。
  6. それをかき混ぜ、さらに2分煮ればでき上がり。




イソチオシアネートの摂取方法の関連ページ