イソチオシアネート

イソチオシアネートは、キャベツ、ブロッコリー、小松菜、クレソン、カリフラワー、紫キャベツ、だいこん、貝割れ、わさび、ラディッシュ、白菜などのアブラナ属の二年草野菜に含まれる成分です。

なかでも、代表的なのがキャベツで、アメリカがピックアップした、がん予防の可能性がある食品「デザイナーズ・フーズ」の中では、にんにくに次いで第2位を獲得しています。

発がん物質を活性化させる酵素を抑制し、がんを予防します。
イソチオシアネートが体内に入ることで、傷ついた異常細胞の増殖を阻止して、がんの原因を抑えるといわれています。

イソチオシアネートを効率的に摂取するためにはよく咀嚼(そしゃく)することが大切です。
噛み砕くことで消化・吸収率を高めることはもちろん、野菜中の酵素であるミロシネースがイソチオシアネートに変換されやすくなり、がん予防効果がぐんと高まります。



イソチオシアネートを多く含む食品

  • キャベツ、ブロッコリー、小松菜、だいこん、白菜、かぶ、クレソン、カリフラワー

イソチオシアネートのすぐれた働き、効果



イソチオシアネートの関連ページ