蕗(ふき)

春の芽吹きのふきのとう、初夏のふきは、時期が限られることから、近年では食卓に並ぶことも減り残念なことです。

しかし、そのきれいな薄緑色、シャキシャキした食感、ほろ苦い風味こそ、食欲増進や消化促進につながるふきの真価であり、見逃すことはできません。

食材全般に旬を感じにくくなっている今、季節の恵みから自然の健康力を得るのもいいのではないでしょうか。

蕗の薹

ふきのカルシウムは、けっして多くありませんが、リンとの比率が良く、体内で吸収されやすいので、骨粗鬆症にはお勧めの食材です。
また、そのほろ苦さの成分には、体内の老廃物を取り除く働きがあります。

ふきの若芽、ふきのとうは成長力の高い段階にあたるため、すべての面でふきにまさり、とりわけビタミンA、B1、B2が豊富です。
その栄養価は、緑黄色野菜に匹敵します。



ふきのすぐれた働き、効果

ふきの主な栄養素



ふきの関連ページ(通販情報)