たこ

たこは、ビタミンB2ビタミンE、タンパク質、亜鉛などを含み、動脈硬化高血圧糖尿病脂質異常症(高脂血症)の予防に役立ちます。

イカとよく似た栄養構成ですが、イカよりタンパク質が少し少なく、タウリンが非常に豊富で、しかも低カロリーなのが特徴です。

たことコレステロール値の関係を調べるために、1週間にいつもの食事に100gのたこを加えて食べる実験の結果、全員のコレステロール値が、平均で5%の下がっていたと報告されています。

たこに含まれるアミノ酸の一種であるタウリンは、血圧やコレステロール値を下げる効果があることから注目されている成分です。
全員のコレステロール値が下がったのは、このタウリンの働きと考えられます。

タウリンは、交感神経を抑制して血圧を下げたり、肝臓で胆汁の分泌を促しコレステロールの低下に効果的なシトステロールも含んでいます。

また、動脈硬化の予防や改善によい亜鉛やビタミンE(老化防止作用もあり)が多い点も特徴です。



たこのすぐれた働き、効果

  • コレステロール低下、高血圧改善、生活習慣病予防

たこの主な栄養素(たこ100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンB20.09mg
ビタミンE1.9mg
亜鉛1.6mg
タンパク質16.4g
  • ※含有量データはマダコ、生の場合


たこの関連ページ (通販情報)