しらす・じゃこ

カタクチイワシなどの稚魚をゆでて七分乾きにしたものがしらすで十分に乾かしものがじゃこです。
ビタミンDカルシウムなどを含み、骨粗鬆症の予防、不眠症、イライラの改善に効果があります。

小魚なので骨ごと食べられることと、カルシウムの吸収率を高めるビタミンDを含んでいるため、しらす・じゃこのカルシウム非常に効率よく吸収されます。

ただし、リンが含まれるソーセージやハムなどの加工品、フィチン酸が含まれる玄米や全粒粉パンを常食している人は、これらの物質がカルシウムの吸収率を下げることがあるので注意が必要です。



しらすのすぐれた働き、効果

しらすの主な栄養素(しらす100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンA(レチノール)240μg
ビタミンD61μg
カルシウム520mg
タンパク質40.5g
リン860mg
  • ※含有量データはシラス、半乾燥品の場合


しらすの関連ページ (通販情報)