しじみ

しじみは、ビタミンB2ビタミンB12、鉄、カルシウム、などを含み、骨粗鬆症・肝臓病の予防、貧血・二日酔いなどの改善に効きます。

とくに、ビタミンB12や鉄の含有量はレバーに匹敵するほどです。
どちらも赤血球の形成や再生に必要な栄養素なので、貧血の人にお勧めな食材です。

また、肝臓の働きを助けるメチオニン、肝臓の解毒作用を高めるタウリンが豊富に含まれているのが特徴です。

しかも、肝臓を活性化させるグリコーゲンも含み、まさに肝臓に良い食品といえます。

効果的な食べ方としては、みそ汁が最適です。
みそは、肝臓の解毒作用を助ける働きがあり相乗効果が得られます。



しじみのすぐれた働き、効果

しじみの主な栄養素(しじみ100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンB20.25mg
ビタミンB1262.4μg
カルシウム130mg
5.3mg
  • ※含有量データは生の場合


しじみの関連ページ (通販情報)