里芋(さといも

イモ類のなかで一番低カロリーで、タンパク質を多く含むのがサトイモです。
加えてその主成分である糖質(デンプン)をエネルギーに変えるビタミンB1、脂肪の燃焼を助けるB2も多く、食物繊維も豊富なので、ダイエットや便秘の予防におすすめです。

里芋

サトイモのヌルヌルする粘り成分は、炭水化物のガラクタンとタンパク質、食物繊維が結合したものです。

ガラクタンには脳細胞を活性化させる働きがあるといわれています。
脳への刺激伝達を助け、脳細胞を活性化、免疫力を高める働きがあります。

調理の際、塩やすでゆでるのはせっかくのぬめりを落とすことになり、お勧めできません。
できれば水だけでゆでるようにしましょう。

皮をむいて手がかゆくなるのはシュウ酸の結晶が皮膚を刺激するせいなので、気になる方は手に酢や塩をつけておけば大丈夫です。



さといものすぐれた働き、効果

  • がん予防、高血圧予防、肝機能強化、滋養強壮、便秘予防、胃潰瘍・胃炎予防

さといもの主な栄養素



さといもの関連ページ(通販情報)