カマス

カマスは全体の70%あまりが水分という水っぽい魚で、カロリーも低くダイエットにも良いとされる食材です。

店頭ではよく干物にしたものを見かけますが、干物は意外に脂肪の酸化が早いので、保存食と安心せず、できるだけはやく食べるようにすると良いでしょう。
ひと塩のものも多いとはいえ、塩分も少なくありませんので、食べる際は醤油を控えめにしましょう。

水っぽく、干して干物にされることの多いカマスですが、生のカマスでも水分を抜く塩焼きなどで食べることが多いようです。

脂肪の酸化を抑えるためにも、焼く前に酢を塗っておくのは良い方法でしょう。
あと、焼いたものは悪玉コレステロールの素となる過酸化脂質が増えますので、すぐに食べるようにすることが大切です。

大根おろしやショウガ、レモン汁など抗酸化作用をもつ薬味を使うのがおすすめです。



かますのすぐれた働き、効果

かますの主な栄養素



かますの関連ページ (通販情報)