蕪(かぶ)

春の七草の一つ「すずな」はカブのことです。

かぶ

関東のカブは小粒ですが、関西ではかぶらと呼び、中粒の天王寺かぶらや、赤ちゃんの頭ほどもある聖護院かぶらがおなじみです。

カブは一般に、根のほうが重宝されますが、栄養成分からみると葉のほうがはるかに価値が高く、ビタミンCをはじめ、カロテン、カルシウム食物繊維を豊富に含みます。

一方、根のほうはビタミンCを含む以外、とくに目立ったものはありませんが、大根と同様にアミラーゼを含むので、デンプンの消化を助けます。

カブを買う際は、葉の色があざやかで、根が白くてツヤのあるものを選ぶと良いでしょう。



かぶのすぐれた働き、効果

  • がん予防、胃潰瘍・胃炎予防、便秘予防改善、風邪予防、骨粗鬆症予防
       

かぶの主な栄養素



かぶの関連ページ(通販情報)

【浅漬け・蕪・漬物】かぶ浅漬

【浅漬け・蕪・漬物】かぶ浅漬
価格:259円(税込、送料別)