鰹(かつお

かつおは、ビタミンB1ビタミンD、鉄、タンパク質などを含み、鉄欠乏性貧血更年期障害、疲労の改善、動脈硬化予防に役立ちます。

筋肉や臓器のもとになる良質なタンパク質含まれているのが特徴です。

また、疲労回復に効果的なビタミンB1、骨の形成に必要なビタミンD、血管を拡張し、血の流れを良くするEPA、貧血を防ぐ鉄などが豊富で、貧血気味の人や骨粗鬆症が心配な更年期の女性にお勧めです。

身の部分よりも血合い部分のほうが、初がつおよりも戻りがつおのほうが栄養価が高くなります。

また、かつお節のタンパク質含有量は、生の約3倍となっています。



かつおのすぐれた働き、効果

かつおの主な栄養素(かつお100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンB10.13mg
ビタミンD4μg
タンパク質25.8g
1.9mg
  • ※含有量データは春獲り・生の場合


かつおの関連ページ