穴子(あなご

アナゴがもつ濃厚な味わいは豊富に含まれる脂質によるものです。
しかし、その量はウナギの半分強しかなく、カロリーもそれだけ低いことになります。

ウナギをおもわせる風味ながら、夏バテの胃腸にはより淡白であっさりといただけます。

栄養もウナギには及ばないものの、魚としてはビタミンAの量がかなり多く、その補給源の一つとしてなかなか貴重な食材といえます。

アナゴは焼くと味が良くなりますが、焼きすぎると身が固くなり、味も落ちてしまいますので気をつけましょう。

アジなどと比べやや脂肪は多いものの、その質は良いので、さっと焼いてから煮たり、蒸したりするのも良いでしょう。
そうすれば、あっさりといただけます。

江戸前のお寿司屋さんで見られるアナゴの調理は、その意味でとても理にかなっているといって良いでしょう。



あなごのすぐれた働き、効果

あなごの主な栄養素



あなごの関連ページ (通販情報)