あじ

あじの脂肪は魚としては多いほうですが、さばのようにしつこくありません。
あじは、ビタミンB2カルシウム、タンパク質、脂質などを含み、心筋梗塞脳梗塞動脈硬化の予防、眼精疲労、肩こり、頭痛の改善などに役立ちます。

血管の詰まりを改善するEPA(エイコサペンタエン酸)と、以前頭をよくすると話題になったDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。

そのほか、EPAは肩こり、頭痛にも効果があります。
また、視力回復に効くといわれるタウリンも多く含まれ、カルシウム(魚の中でも含有量は上位)、ビタミンB2カリウムの含有量が多いのも特徴です。



あじのすぐれた働き、効果

あじの主な栄養素(あじ100g中の含有量)

栄養素・成分含有量
ビタミンB20.2mg
脂質3.5g
タンパク質20.7g
カルシウム27mg
EPA0.4g
DHA0.7g
  • ※含有量データはマアジ・生の場合


あじの関連ページ