明日葉(あしたば)  別名:明日草 八丈草

アシタバは、中・南部太平洋岸に自生する宿根草で若い茎葉を食用にします。

明日葉

アシタバはカロテン(ビタミンA)を100g中3700μg含む「緑黄色野菜」で,ビタミンB1 0.10mg,ビタミンB2 0.24mg、ビタミンC 55mg,ナイアシン 1.4mg,カルシウム 65mg,リン 65mg,鉄 1.0mg,カリウム 540mg,タンパク質 3.3gなどの豊富な栄養を含んでいます。

アシタバの茎を切ると黄色い汁がでますが,この汁の主成分がイソクエルチトリンで利尿,高血圧予防,緩下作用があります。
この他に精油,アンゲリカ酸などがあり,これらの香油成分や苦味質は健胃効果もあり、食欲増進や疲労回復が期待されます。

アシタバを摘めば,明日葉が芽ぶくといわれるほど成長力が旺盛ですが,実際には4~5日で葉がでてきます。
葉緑素も豊富で,その成分カロテンには抗ガン作用があると報告されていますし,ミネラルが多いので健康維持には適した野草です。

アシタバを採集するとき気をつけたいのは,ハマウドと間違いやすいことで,花のない時期はそっくりです。ハマウドは食用に適しません。

見分け方は花のない時期は茎を切るとアシタバは黄色い汁,ハマウドは透明な白い汁が出ます。花の色はアシタバは黄色に近く,ハマウドは白です。



あしたばのすぐれた働き、効果

  • 便秘予防、便通改善、利尿作用
  • 苦味質や香油成分により胃腸の新陳代謝がアップします。

あしたばの主な栄養素

あしたばの利用法

春から夏の若葉,葉,茎を採取します。句は3~4月です。
アク抜きは塩1つまみを入れた熱湯でゆで,冷水で2~3時間さらします。
サラダ,あえ物,おひたしなどにして用います。



あしたばの関連ページ(通販情報)