β-カロテン

β-カロテンは、植物だけに存在する黄、赤、紫、橙などの色素のことで、カロテノイドという成分の一つです。

カロテンには、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)という3種類があり、緑黄色野菜などのカロテンは、β-カロテンといいます。

β-カロテンが体内に入ると、酵素の働きによってビタミンAに変換されますので、ビタミンAの前駆物質、プロビタミンAとも呼ばれています。

体内でビタミンAとして、もっともよく働くのがβ-カロテンです。
β-カロテンは、体内で吸収されるときに必要量だけビタミンAに変わり、残りは体内に蓄積されます。

風邪、目のかゆみ、食欲減退などの症状を緩和します。
さらに、活性酸素や過酸化脂質を除去して細胞を活性化する作用があり、がんや老化防止にすぐれた効果があります。

しかし、β-カロテンが体内でビタミンAに変換されるのは、約3分の1程度ですので、青じそ、パセリ、にんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜、マンゴー、柿などの果物類、のり、わかめなどの海藻類を積極的に食べるようにすると良いでしょう。

がんの予防と改善に有効な作用があります。



β-カロテンを多く含む食品

食品β-カロテン含有量(μg)
にんじん9100
パセリ7400
春菊5300
明日葉5300
ほうれん草4200
西洋かぼちゃ4000
にら3500
小松菜3100
※すべて100g中の値


β-カロテンのすぐれた働き、効果

  • がん予防、細胞活性化作用、老化防止など。


β-カロテンの関連ページ